20110528 068

本日、行ったのはLe petite coin latin
8 1/2 Rue Sainte-Ursule
Quebec

旧市街にある人気レストラン。
本日のメニューという紙をもらった。
なんだか色々書いてあるけど、どうせならケベックの名物料理が食べたい。
そこでお店の人に聞いてみることにした。
“Quelle est la specialite culinaire de la ville de Quebec ?(ケベックシティの名物料理って何?)”

お店の人が教えてくれたのは
La raclette classiqueとLa tourtiere de caribou.デザートはTarte au sucre.
お店の人の説明によれば、La racletteは電気ストーブの上に小さいフライパンをいくつか並べて、チーズや肉や野菜などを自分で暖めながら食べる料理。
La tourtiereはシチューだそうで、器の中に肉や野菜で作ったシチューを入れてパイ生地で蓋をしオーブンで焼いた料理。ソースをつけるので、パイ生地に切れ目を入れて上からソースをかけてお召し上がりくださいとのこと。
ラクレットは2人以上との事なので、La tourtiere de caribouをセレクト。

20110528 069
 本日のメニューの一番上に書いてあったKir Royal au Cassis
甘いお酒と思っていたけど、これは甘くないし、しかも量がたっぷり^^;
あの、、空腹にこれはやばいです・・・

20110528 072

これはアントレのLe fondant de foies de volailles et sa confiture d'oignon
早めにアントレが出てきてくれてよかった><
Confitureというだけあって、とても甘い玉ねぎ。
Le fondant de foies de volaillesは鶏の肝臓のパテ。
Fondantといっても、あの甘いお菓子ではなく、Fondre(溶ける)から派生した語だと思われる。
肝臓の臭みが全くなく、かなり美味しい。

20110528 073
そして本日のメイン料理。
La tourtiere de caribou.
トナカイ!?が入っているらしいシチューパイ
20110528 074
十字に切れ込みを入れてソースをかけてみる。
トナカイって結構食べやすいのね。よく煮たお肉のシチューの味。
野菜は何処かで食べたような。。。すべてが立方体に切ってある。
フランスの田舎料理みたいな感じがする。
思ったより、重い味ではなくて美味しかった◎

ここまでで結構お腹いっぱい食べたけど、これからデザートが来るのです。
20110528 075
ドーンとのったTarte au Sucre。見るからに甘そう><
このタルト、薄い生地の上に、メーブルシロップとお砂糖で作った液を流し込み、焼いたもの。
表面の乾いた部分は液の水分が蒸発して固まったもの。
こちらの人はホイップクリームをつけて食べるのかあ・・・
う~ん、、甘いよぅ。でもTisaneというパーブティと一緒にいただくと食べられるかも(笑)
結局、全部食べてしまった><

もうあとは寝るだけなのに完全にカロリー取りすぎの予感。
翌朝はケベックシティの旧市街を歩く予定。

Comments

    • Yoko's comment
    • 3 June 2011 23:42
    • すごいお料理ですね。パテは特にハーブがふんだんっていう感じにも見えないのですが、匂いが気にならないってすごいですね。パイは、記事がとても薄そうに見えます。美味しそうです。メープルシロップのデザートも贅沢ですね。Hiroeさんのブログで、いつも「料理頑張ろう」って自分に喝を入れています。ありがとうございます。
    • 玉茶丸's comment
    • 4 June 2011 12:57
    • トナカイの肉ですか・・・食べたことないですけど・・・
      普通の牛さんに近いのですね
      鶏の肝臓のパテもとっても美味しそうです
      私鶏のレバ―とか心臓好きですね(笑)
      電気ストーブで温めながら食べるっていうのも「どんなん?」と思いましたけど~
      いいですねぇぇぇケベック州散策!!
      私もまずは英会話から?(爆)
    • ROUGE's comment
    • 4 June 2011 18:45
    • 5 うわぁ~~!トナカイですか!
      実物すら動物園でしか見たことないのに。

      色々な国の料理を美味しく頂くには
      偏食があっちゃダメですね。
      実は私、お肉と魚、食べなんですよ~(><)
      牛や豚や鳥でも身体の為に薬として食べているので
      他の動物だと尚更抵抗あります。

      何でも食べられるって素晴らしい事だし
      とっても幸せなんだろうなって思います(*^_^*)

      メイプルシロップのデザートは美味しそう~!
      日本じゃ「メイプル味」って書いてあっても
      絶対期待裏切られるんですよ~
    • pm-3's comment
    • 4 June 2011 22:06
    • 外国の料理はどれもオシャレに見えてしまいます(笑)
      おおお・・・トナカイが入ってるんですか。
      美味しそう( ̄¬ ̄) ジュル・・・
      やはり量は多いんですよね(笑)
    • ソーニャ's comment
    • 5 June 2011 00:43
    • アメリカもカナダにも行ったことがありませんが、
      アメリカと一緒で盛り付けがワイルドですね。そして量が多い。

      ラクレットがあるってことはケベックはフランス領だったかな?

      トナカイは脂肪が少ないから安心して食べられます。
      友達とトナカイのチョコレートソース掛けを食べに行くと約束して
      立ち消えしていたワ。
    • Reiko's comment
    • 5 June 2011 14:30
    • こんにちは。
      どれもとっても美味しそうです~!
      パテだとかシチューパイとか、やっぱりフランスの影響を受けているのが見られますよね。
      トナカイは私、食べたことないです。
      なるほど、それほどクセがなく食べやすいんですね。
      いつか食べられる機会があったら試してみたいです☆
    • タヌ子's comment
    • 7 June 2011 13:35
    • そうか、車でカナダに入国出来ちゃうんですね(考えてみれば当たり前だけど)。
      ケベックシティ、訪れたのは何年前かしら…
      チマチマしたヨーロッパ在住民としては、何から何まで規模が大きいカナダに慣れるのにちょっと時間がかかりました(笑)
      ケベック州ってオーガニックやエコの意識が凄く高くて、料理にも研究熱心。
      モントリオールにはお洒落で美味しいレストランが沢山あったけれど、ケベックシティはモントリオールに比べると料理も豪快な印象がありました。
      トナカイの肉、食べなかったなぁ。
      寒い国の動物だけあって、鹿肉よりも脂が乗ってそうですね。
      こんなところでベルギー名物砂糖のタルトがあるとはおもいませんでしたが、メープルシロップでカナダ風にアレンジされてるところが素敵。
    • Hiroe's comment
    • 7 June 2011 21:58
    • Yokoさん

      コメントありがとございます。
      パテは舌触りが滑らかで、本当に溶けるような感じでした。
      ハーブがどれくらい使われているか、わからなかったのですが、ハーブの香りはそれほど強くなく、とても食べやすいお料理でした^^

      ケベックシティは旧市街の雰囲気が可愛らしくて、また行きたいです^^
    • Hiroe's comment
    • 8 June 2011 13:13
    • 玉茶丸さん

      シチューに使われていた肉は、よく煮こんだ事が分かるくらい肉の繊維がほぐれやすい状態でした。
      玉茶丸さんって内臓系が好きなんですね~^^
      珍しいものだと、牛の胃袋は食べたことがありますが、鶏の心臓って食べたことないです><
      どんな食感なんだろう><
    • Hiroe's comment
    • 8 June 2011 14:50
    • ROUGEさん

      メイプルシロップ入りのデザートでしたが、今まで食べた事が無いほど甘さがきつくて、一回で十分て感じでした^^;
      でも確かにメーブルシロップ味だった(笑)

      私はレストランで出てくるお料理は大抵のものが大丈夫ですが、好き嫌いは激しい方だとおもいます。
      リクエストできるときは必ずリクエストしますが、店主のこだわりが強い店だと、なかなか難しい状況の時があります><
    • Hiroe's comment
    • 8 June 2011 14:53
    • pm-3さん

      ちょー美味しかったです><
      こちらのレストランは、一皿ごとの量は日本と同じくらいですが、アントレからデセールまで食べると、お腹がパンパンになります^^;
      アメリカにいるときは、何でも量が多くてTo goにしてもらってばかりでした><
    • Hiroe's comment
    • 8 June 2011 15:09
    • ソーニャさん

      こんばんは
      ケベック州はかつてフランス領でした。
      その後イギリスに攻め込まれ7年戦争で敗れてイギリス領になりました。
      7年戦争で英仏軍が交戦したアブラハム平原も旧市街脇にあり、現在は普通の芝生の土地になっていましたが、自由に見ることが出来ます。
      現在もカナダの国家元首は未だにイギリス女王で、紙幣にもイギリス人の顔が書かれていましたよ^^

      ところで、トナカイのチョコレートがけって、、不思議><
      ダークチョコだから甘くはないのかな?
      どんな味なんだろう?気になります。
    • Hiroe's comment
    • 8 June 2011 15:27
    • Reikoさん

      こんばんは
      トナカイの肉ってアメリカでも日本でも珍しいですよね><
      私が食べたシチューに入っていた肉は本当に食べやすく美味しくいただきました。

      そうですね、ケベックは私が見た限りでは紙幣や建物などはイギリス式、言語やお食事などの文化面ではフランス式だったように思います。

      ケベックシティの旧市街自体は1日で回れるくらい小さな場所なのですが、フランスの田舎町のような雰囲気があってとても気に入りました!
    • Hiroe's comment
    • 8 June 2011 15:42
    • タヌ子さん

      こんばんは~^^
      モントリオール、やっぱり素敵な街だったんですね。
      あいにく、通過しただけで、すごく勿体ないことをしてしまいました><

      Tarte au Sucreってベルギー名物だったんですね。
      てっきりNord地方の名物だと勘違いしておりました。
      タルトの中身は固さの緩いクリームを焼いて表面の水分を飛ばした様なもので、私はお砂糖のタルトを食べたことが無かったので、ちょっとびっくり。

      こんなに甘いものを食べて、美味しいお料理も沢山食べる方々に痩せている人が多いのは本当に不思議><
    • duckbill's comment
    • 10 June 2011 01:14
    • トナカイ肉なんて食べたことがありません。
      やっぱり鹿肉に近いのかなぁ?いやいや、寒いところだから蝦夷鹿に近いのかも?
      でも脂肪が少ないならやっぱり鹿?
      ・・・食べたことが無いものは興味深々です(笑)。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
自己紹介

2012年6月末より東京くらし。
テキサス州オースティンから引っ越してきました。
このブログは食事と、好きな事と、行動の記録用にしています。

医鬱排悶とタイトルに入れたとおり私の気休めの場でもあります。
悪意のあると判断した書き込みは削除させていただくことがあります。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ