20110602 141
ナイアガラフォールズ・カナダ滝の横から。

トロントからナイアガラ・フォールズまでは車で約2時間
20110602 084
この日はいい感じに晴れてくれて、ちょっと嬉しい^^
CDを聞きながらドライブしてると、あっという間に到着。

こちら、アメリカ滝
20110602 085
そして、カナダ滝
20110602 093
カナダ滝の方が圧倒的に有名で、大きい。
もうすでに国境で、この写真の滝の左側はアメリカ合衆国。

カナダ側から真下を見ると
20110602 104
藻が生えた岩の真上に虹がクッキリ。
上の船はこれからカナダ滝の直前まで行って飛沫を浴びようという命知らずの特攻隊

こんな断崖絶壁から
20110602 109
こんなに高い水しぶきを上げる滝つぼに
20110602 116
落ちて
20110602 108
この荒波にもまれたにも関わらず生還した人は、現在3人。うち2人は救命道具を身に着けていなかったそう。
この滝を見ながらランチを取れる場所があったので、暫く眺めてから昼食。

この日のランチはElements on the fallsにて
20110602 119
元気な店員さんがお勧めと言っているのはミルク・シェイク。
苦手なホイップクリームを全部退かしていただいた。
ホイップを混ぜながら飲むことを前提にしているのか、濃い><
でもおいしい~><苺とミルクは王道、かなり好きな味^^

そして店員さんに聞くところ、こちらのNo.1メニューらしい,
Roasted prime rib of beef and Mozzarella dip
20110602 120
No.1であり、この店のsignature sandwiche.
付属のソースはビーフベース、サラサラのステーキソースみたいな感じ。
これまた量が多く、ポテトまで食べ切れなかった私。
サンドイッチのパンが◎
外食続きでパンに飽き始めているのに、今回はパンが真っ先に無くなってしまった(;^ω^)

お腹がいっぱいになったところで、滝の裏まで歩いて行けるというので、チケットを買って行ってみる。
20110602 133
Journey Behind The Fallsというアトラクション。
エレベーターに乗って滝の真横、真裏を見学できる。
水が落ちる凄い轟音に、天候が関係ないほどの水しぶき・・・
20110602 141
この水の厚さ・・・毎秒3160t.
カメラがびしょびしょに濡れたけど、壊れなくてよかった><
真裏からの写真は、真っ白でなんだか良く分からないものが写ってた^^;

そろそろ、引き上げてもいいかな。
滝の近くにはNiagara Glenというハイキングコースがあった。
短いコースで1時間もあれば回れてしまうくらい。
20110602 142
滝から流れてくる川沿いを歩くことが出来て
20110602 145
可愛らしいお花が沢山さいていて
20110602 146
大きい岩がごろごろ転がっていて
20110602 147
岩の間を潜ったり、子供でも楽しめそうな感じ。

20110602 156
岩が多いのは断層(ナイアガラ断層)一帯だからかなあ・・・?

*軽いまとめ。
‐第三氷河期(1万3千年前)に氷河が通り、形成された→日本列島が完全に大陸から離れた頃
-ナイアガラの滝から北に730㎞続く断層
-断層を利用した現在の水力発電の最大出力
-NY州の電気を支えているのはここ。

ハイキングを続ける。
もののけ姫の世界みたいな場所。
20110602 148
20110602 150
20110602 151
20110602 152

20110602 154
20110602 155
深い森のようでも、ちゃんと人の手が入っているので歩きやすい^^

20110602 157
トロントの某家から一緒に旅をした。ハイキング中も片時も離さず、大切にタオルで包んで連れてきた。
ここでお別れ(_´Д`)ノ~~.。・:*:・゚`☆、。・:*:・゚`★*

Comments

    • 玉茶丸's comment
    • 17 June 2011 14:21
    • すごい迫力ありますよねナイアガラの滝・・・
      これがNYの電気を支えているの?水力発電か・・・
      日本も原子力発電を考えなおさないといけませんからね!
      ナイアガラではなかったかもしれないけど岩ツバメが時速170キロくらいでこの滝に突っ込んで裏の岩で生活しているという番組を見ましたよ
      食べ物は何頼んでも量がたくさんありお得と言えばお得?
      きれいな真っ赤なりんごちゃんスターキングかな?
      おいしかった?(笑)
      もののけ姫の森のハイキングはグリーンミストを浴びて気持ちよさそうですね!
    • BelgiumWaffle's comment
    • 17 June 2011 18:38
    • 5 うわー、きれいですね。
      ナイアガラは2年位前に行ったんですが、
      小雨だったし、冬だったし、、、すごい滝だなぁで終わったんです。
      アメリカに1週間もいたのに雨はこの一日だけ・・・とほほでした。

      虹と滝の写真・・・いいですねぇー
    • pm-3's comment
    • 17 June 2011 21:09
    • ナイアガラの滝は、凄いですね。
      一度はこの目で見てみたいものです。
      荒波にもまれ生還した人が、3人いるんですか?
      工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工
      なんでそんな・・・
      信じられません(;・∀・)
    • yoko's comment
    • 18 June 2011 02:11

    • 写真でも迫力が伝わってくるので、実際に目の前にみたらものすごい迫力でしょうね。
      晴天で虹もくっきり、素晴らしい日和ですね。
      自然の原始の姿とか、自然が持つエネルギーを感じますね。
      森にも苔が多く、シダ類も多く、湿度も適度にあって植物には良い環境のようですね。森林浴っていう言葉では表せない程、気持ち良さそうです!
      ランチもおいしそうです。
    • タヌ子's comment
    • 18 June 2011 02:25
    • やっぱりアメリカ大陸はスケールが違いますね。
      ヨーロッパは自然もチマチマ(笑)
      ナイアガラの滝、一度訪れてみたい場所の一つです。
      昔は観光と言ったら町より自然派だったのに、ヨーロッパに住むようになったら町見学が主流になってしまった。
      ハイキングコースもマイナスイオンを思いっきり吸収できそうですね。
      サンドイッチ、パンが本当に美味しそうです。
      モントリオールで頂いたスモークミートのサンドイッチとベーグルが美味しかったなぁと懐かしく思い出しました。
    • ROUGE's comment
    • 18 June 2011 12:48
    • ゴメンなさい。
      今日頂いたコメント、物凄く傷つきました。
      私からしてみたらHiroeさんの、こうした旅行記の方が
      それほど羨ましく優雅に見えるでしょう。
      旅行なんて半径20キロ圏内の日帰りしか行けませんし
      建売の家を30年ローンを支払って済んでおります。
      食事も最低限・・・

      お互いそれぞれ事情があり大変な事はあるのでしょうが
      薔薇栽培をしている=高級住宅街の苦労知らずの奥様ではないのです。
      それだけはご理解下さいね。
    • Hiroe's comment
    • 18 June 2011 13:34
    • 玉茶丸さん

      こんばんは。
      水力発電については以下の記述があったので、NY州の電気を支えていると思っておりました。
      http://www.nypa.gov/facilities/niagara.htm
      >Today, Niagara is the biggest electricity producer in New York State, generating 2.4 million kilowatts

      時速170キロで飛ぶ鳥っているんですか^^;
      なんか、生きている世界が別の動物のような感じがしますよ~

      食べ物の量が多いのは確かにお得です(笑)でも勿体ないですよね~。
      例えばフレンチフライ・ポテトは冷えたら美味しくないし、、
      ハーフサイズを作って値段も半額にしていただけたら嬉しいんですけどね~。
      この赤いリンゴは無造作に置いてあったものの一つなので、種類を確認し忘れました^^;
      でも甘くておいしかった~(爆)
    • Hiroe's comment
    • 18 June 2011 13:39
    • BelgiumWaffleさん

      こんばんは~。
      ナイアガラの冬は寒そうです><
      でも、あれだけの水量があれば、どんなに寒くても凍りついたりはしなそうですね。
      スペイン旅行記を楽しみにしております^^
    • Hiroe's comment
    • 18 June 2011 13:47
    • pm-3さん

      こんばんは。
      水の落ちる轟音、これは一度聞いてみても良いかもしれないですね~。
      本当にドドドドド・・・と体に響くような感じでした。
      滝から落ちて生還した人がいるのはすごいですよね。
      あの滝を見ると、たとえ上から落ちて岩に激突しなかったとしても、水圧と水流の為に生きられるような気がしないです(;^ω^)
    • Hiroe's comment
    • 18 June 2011 13:55
    • Yokoさん

      こんばんは~。
      近くでみると、流石に迫力がありました。
      水の落ちる音がすごかったです。
      私は勇気が出なかったので、滝つぼに行く特攻隊員にはなれませんでしたが、船に乗らなくても、迫力を感じましたよ~。
      断層のハイキングコースは歩きやすかったです。
      人が定期的に通り、道もできているので、安心して歩くことが出来ます。
      ハイキングコースから見える川は急流下りのようなアトラクションを見ることができました。
      適度に観光地化されている所なので、遊ぶには良いところでした^^
    • Reiko's comment
    • 18 June 2011 14:26
    • こんにちは。
      ナイアガラの滝、もう10年以上も前に一度行ったことがあります。
      カナダ側から見るのが良いよ、とだれかに教えてもらったとおり、カナダから見てきました。
      迫力ありますよね~。
      こんなハイキングコースがあるのは知りませんでした!!
      次回行く機会があったらぜひこのハイキングコース行ってみたいものです。
      ナイアガラの滝、この季節が一番いい時期なのではないでしょうか。
    • Hiroe's comment
    • 19 June 2011 03:02
    • タヌ子さん

      私もヨーロッパに行くときは街見学ばかりしていますよ~^^
      一方、ヨーロッパの風景だと、電車の窓から見える広々とした農耕地帯の景色や、フランス・トゥールーズからスペイン・バルセロナまで行ったときの迫力ある渓谷の景色は、いまでも忘れられない思い出です。
      サンドイッチは、美味しい物を食べると、長く記憶に残りますね。
      私は2003年に、街の公園で食べたフランスのサンドイッチが今でも一番おいしかったように記憶しています。
      モントリオールのスモークミートは名物なんですね~^^
      きっと、パンの上にテンコ盛りのお肉だったのでは(笑)
    • Hiroe's comment
    • 19 June 2011 03:09
    • Rougeさん

      嫌味をいったつもりではありませんでした、ごめんなさい><
      Rougeさんは、どのお花も大切に育てていらして、元気がなかったお花も甦らせることが出来たりと、本当にすごいなあと思っているだけなんです。
      不用意な発言で傷つけてしまったことはお詫びいたします
    • Hiroe's comment
    • 19 June 2011 03:23
    • Reikoさん

      こんにちは~。
      そうですね、ご友人のおっしゃる通りだと思います。
      時期的にはハイキングに丁度良い頃でした^^
      あとは秋の紅葉の頃なども良さそうです。
      ナイアガラには色々なアトラクションがあるので、ハイキングや見学だけじゃなくて、もうちょっと遊んでも良かったのかなと思っています(;^ω^)
      ここは、しばらく時間を置いて、もう一回くらい行きたい場所でした。
    • miriyun's comment
    • 25 June 2011 08:49
    • 向こうが見えないくらいのしぶきが上がって、
      茫漠たる雰囲気。
      ナイアガラ・・・まだ見たころがないのです。
      瀑布といわれるような滝は!
      いつも乾燥帯の水がなくなりかけているような細い滝ばかりで。
      迫力を感じてみたいですね~。
    • ソーニャ's comment
    • 25 June 2011 14:41
    • ナイアガラはカナダ側はよくテレビで写されていますが、
      アメリカ側はほとんど見たことがありませんでした。
      カナダ側に比べると見劣りしますね。

      カメラが塗れたようですが、よくまぁー無事でしたね。
      エジプトで砂嵐にあってから、旅行にはビニール袋持参しています。
      ビニール袋に入れた状態で写真撮っていました。(笑)
    • Hiroe's comment
    • 4 July 2011 04:00
    • miriyunさん

      こんにちは。
      お返事が遅れてごめんなさい
      瀑布と言われるような滝は私も初めてでした^^;
      現在はこれでも水量を調節しているそうです。
      水量を調節しないと、どんどん岩が削られてしまうのだとか。

      景色もすごいのですが、音の方が記憶に残りました。
      大きな太鼓の音を聞いた時のように、心臓に響くんです><
    • Hiroe's comment
    • 4 July 2011 04:18
    • ソーニャさん

      アメリカ側の滝は水量が少ないためか、観光客の数もカナダ滝に比べると少なかったです^^;
      カメラは濡れましたよ><
      他の観光客を見ても、ビニールを被せて写真を撮っている人を見かけなかったので、このまま写真を撮ってしまいましたが、ちょっと心配にはなりました。
      砂嵐でもカメラが故障したりするんですか。
      本格的な砂嵐はYoutubeでしか見たことがありませんが、視界が遮られて目を開けることが出来なさそうな状態でした><あの中に突っ込むのは決死の覚悟がいりそうな感じがしました。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
自己紹介

2012年6月末より東京くらし。
テキサス州オースティンから引っ越してきました。
このブログは食事と、好きな事と、行動の記録用にしています。

医鬱排悶とタイトルに入れたとおり私の気休めの場でもあります。
悪意のあると判断した書き込みは削除させていただくことがあります。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ