オースティンにもクリスマスの時期がやってきました。
20111225 085

この日、行ったのはコロラド川沿いにあるMozart coffee shop
このカフェはクリスマスの時期になると光のショーがあります。
20111225 089
ショーを見るために沢山の家族連れや友人グループで賑わっています。

どこもかしこも電飾で飾り付けられてて、キラキラ
20111225 091
鐘が鳴り始めて

ツリーのてっぺんに星が光ったら、開始の合図。
20111225 092

音楽に合わせて動くライト。
動画はこちら→You tubeにリンク・音が鳴ります。
20111225 093

20111225 094

20111225 095

20111225 098

スノーマンが帽子をとってご挨拶してくれました。
20111225 102

クリスマスツリーが現れました
20111225 099

雪が降ってきたみたい?
20111225 100
猛吹雪・・・??
20111225 101
雪の降る日にイエスが誕生しました。。。イエスが生まれた所って雪が降るの・・・?
20111225 103

キリストの降誕を知らせる星が輝いています。
20111225 107

最近までクリスマスツリーの頂上に載っている星の意味を知らなかったけど、ベツレヘムという名前の星らしい。
アメリカは色々な宗教の人たちがいるためか、Merry ChristmasよりもHappy holidayという言葉を良く聞きます。
ここはキリスト誕生やクリスマスツリーを描いているのでキリスト教の人が集まっているのかな。

ここは恋人、友人や家族でワイワイ楽しむタイプのイベント会場でした。

Comments

    • pm-3's comment
    • 26 December 2011 19:48
    • You tubeで動画も拝見しました。
      素敵な光のショーですね。
      Merry ChristmasよりもHappy holidayという言葉を使うとはなるほどです。
      勉強になりました^^
    • タヌ子's comment
    • 27 December 2011 07:51
    • 綺麗ですねぇ。
      単なるキラキラじゃなくて、ちゃんとキリスト誕生を表してるところが日本のイルミネーションとの大きな違いですね。
      ベツレヘムの星と言うと、花韮、大甘菜を思い浮かべてしまう私です(笑)
    • Mchappykun's comment
    • 27 December 2011 09:46
    • クリスマスの時期は、住宅街もイルミネーションが華やかで、きれいになりますね。ここでも普通の住宅街がイルミネーションに力を入れて、バスツアーもあるらしいです。そこに住んでいる友達がいますが、大勢の人がやってきて、ものすごく混むのだそうです。
      私のところは、普通の場所でよかったです。
    • miriyun's comment
    • 27 December 2011 16:46
    • すっごーい!
      きれいなだけでなく統一感があってセンスがいいです。
      木に下がったのも全部こーおが連なっているのでしょうか。
      とてもすてきですね。
      やはり自分達の宗教観に基づくものだからでしょうか、しっとりとした落ち着き感もありますね。
    • ロビン's comment
    • 28 December 2011 03:55
    • なるほど。。
      ハッピークリスマスだと誰にでも言えていいですね。
      動画も併せて見せていただきましたよ!
      おかげで雰囲気も伝わって来て楽しめました♪
      イギリスのクリスマスはどちらかというと派手さはないですが
      アメリカはいかが?
      なんだかとても賑やかそうな気がするのですが。。笑。
    • Hiroe's comment
    • 29 December 2011 12:54
    • pm-3さん

      こんばんは^^コメントありがとうございました~~。

      多分、電飾を飾り付けたり音楽に合わせているのはプロの仕事だと思うのだけど、クリスマスの起源になったキリスト誕生のストーリーが組み込まれていて個人的に面白かったので載せました~
      しかも、恋人たちだけのクリスマスじゃなくて、友人同士や家族連れで来ている人が多かったので、そこもポイント高し!
    • Hiroe's comment
    • 29 December 2011 15:06
    • タヌ子さん

      こんばんは~)^o^(コメントありがとうございます
      花韮、大甘菜も花弁が6枚の花ですね。
      花韮も大甘菜もベツレヘムにたとえられていた時期があったんですね。前は星といえば六芒星を思い浮かべる人が多かったのかなあ?
    • Hiroe's comment
    • 29 December 2011 15:35
    • Mchappykunさん

      こんばんは(*^_^*)
      Mchappykunさんの所は住宅街のバスツアーまで組まれるなんて、街が本当に華やかな時期なんですね~。
      この時期、力を入れる家は本当にすごい・・・
      電気代は一か月どれくらいかかっているんだろう??と思わずにはいられないです(=_=;
      確かにおっしゃるとおり、華やかになっても見物客で混むと色々な人が集まるので、騒音以外にも様々なことに気を配ったりして大変なのかも?
    • 玉茶丸's comment
    • 29 December 2011 22:42
    • すごいきれいでした(動画)
      日本のイルミネーションはここまで躍動感はないですね~~
      一般家庭ですごくクリスマスイルミに力入れてる家庭は・・・
      一カ月20万くらい電気代がかかるって聞きました
      それでも期待にこたえたいからがんばるって言ってました(TVで)
      涙ぐましい心意気ですね~~


      今年も残りわずかとなり少々センチにもなりますね
      悲喜こもごも・・・人生って儚いね・・・
      来年もお付き合いのほどよろしくお願いしますね!!
    • creamat's comment
    • 30 December 2011 05:51
    • きれいですね~ 
      今年は夫婦そろって忙しくて、クリスマスらしいクリスマスをすごせなかったので、こういう電飾がwebで見れるとちょっとだけクリスマス気分が高まりました!
      Hiroeさんは帰国されるんですね。今アメリカ滞在は学生さんですか?
      私はちょうどアメリカと日本生活が半々の1年を過ごしましたが、どちらの国も良いところがあって、いつも旅行しているような中途半端な生活が結構気に入っています(笑)
    • Hiroe's comment
    • 31 December 2011 11:00
    • miriyunさん

      こんばんは♪コメントありがとうござます。
      電飾に音楽、みなさん盛り上がっているようでした^^;
      木にぶら下がっているのは、コードで繋がっているのだと思います。
      近くで見たわけじゃないんだけど、あまり木の周りが配線でごちゃごちゃした感じがなかったので(;´∀`)
      クリスマスへの気合の入れ方が凄いな・・・と思います。
    • Hiroe's comment
    • 31 December 2011 19:33
    • ロビンさん

      こんばんは^^コメントありがとうございます♫
      アメリカのクリスマスって、私が見る限りは気合いれて家を飾り付けているなと思います。
      お散歩していても家に電飾を張り巡らせて華やかにする家も見かけるし、、友人の一人は、電飾で派手にはしていないけど、お家の中に大きなツリーがあって、旦那さんの子供のころから集めた飾りが沢山飾られていました。
      毎年、飾りを一つずつ買って、その飾りに1982とか1997とか買った年の番号を書いているそうで、中には時代を感じるようなデザインのものもありました。
      素敵だな~と思います。
      ここのカフェはにぎやかですよね~。ショーを見るために沢山の人が集まっていて、ガヤガヤしていました^^
    • Hiroe's comment
    • 31 December 2011 19:45
    • 玉茶丸さん

      こんばんは^^コメントありがとうございます。
      日本の家庭でイルミネーションに力を入れているって、、舞浜のほうかな???
      夜のニュースの特集で、何年か前に紹介された映像なら私も見ていました~。
      1か月20万ってすごいですよね。今年は節電していると聞いているけど、やっているのかなあ・・・
      毎年、年末になると「今年やったこと・今年あった事」が頭をかすめて落ち着きません~:(;゙゚'ω゚'):
      今年の場合は、色々と思う事がありました・・・
      来年は今年よりももっと良い年になると良いですね!
    • Hiroe's comment
    • 31 December 2011 19:55
    • Creamatさん

      こめんとありがとうございます♬
      creamatさんは今年はアメリカと日本を沢山往復した年でしたね~。
      半分アメリカ、半分日本で過ごせるのは理想的な生活だな~と私なんかは思います。
      しかも、ハロウィンなどのイベントがとても楽しそうでした(笑)
      西海岸の海辺で天然ムール貝を摂って食べられるというのは、本当に驚きました。
      ムール貝がどんな所に生息しているのかを知らなかったので、お勉強になりました。

      来年は今年よりも良い年でありますように、
      また来年もよろしくおねがいします(*^_^*)
    • hammohammo's comment
    • 3 January 2012 21:24
    • アメリカのイルミネーションはやっぱり華やかですね~
      イギリスはエコなのか電力が少ないちょっと地味な感じが主流なんですよ。
      ウィーンにも確かモーツァルト・カフェというのがあって行ったことがあるのですが、そこの支店かと思ったら違いますね。
      充実したクリスマスとお正月を過ごされましたか?
      2012年がHiroeさんにとって素晴らしい年になりますように。
    • BelgiumWaffle's comment
    • 4 January 2012 07:22
    • へぇー。今年はついにアメリカでクリスマスを過ごしたんですが・・・
      年中お祭りみたいなラスベガスでは、特にクリスマスな雰囲気を味わうこともできませんでした。
      そもそも時差ぼけで結構大変でしたし・・・

      光のショー、綺麗ですね。

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 

Trackback URL

記事検索
自己紹介

2012年6月末より東京くらし。
テキサス州オースティンから引っ越してきました。
このブログは食事と、好きな事と、行動の記録用にしています。

医鬱排悶とタイトルに入れたとおり私の気休めの場でもあります。
悪意のあると判断した書き込みは削除させていただくことがあります。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ