20120111 197

この前の続き。
ボートは峡谷の奥にさらに進んでいきます。
ボートの船頭さんが次に案内してくれたのは 
 20120111 214

岩陰。
そこはマリア像や花などで綺麗に飾られてました。
ミネラルの色が浮き出ていて、そのミネラルが階段状に見えるらしい・・・(;´∀`)
階段を上ったら天国にいけるのかなあ?
その階段状に見えるらしい事について熱心に話してくれました

20120111 242
再び、船を発進して連れて行ってくれた滝(乾いてる)。
行ったのが乾季だったので、滝の水は見えない代わりに、フードをかぶった魔女のような岩を見る事が出来て、その形にみんなびっくり!!

20120111 244

遠くから見るとこんな感じ。雨季には上から水が落ちてくるらしい。
この魔女みたいに見える岩の正体は

20120111 246
分厚い苔と岩。
下から眺めると良くわかる感じ。
 
20120111 253
ポタポタと水が落ちてくるんだけど、滝をこのように眺めたことは無かったので興味深し。

20120111 271
チアパスの電力開発に尽力したらしい3人組。
CFEというのはメキシコにある電力公社のひとつらしい(船頭さん談)
ここに来る前はメキシコ最貧の州なんていう宣伝文句を良く見かけたのですが、超貧しいという感じは全く受けなかった。
電気通っているし、水洗トイレだったし、いたるところに食べ物売ってるし・・・日本やアメリカに比べてしまうと同じとは言えないけど・・・先住民地区は違ったのかなあ?
物価はアメリカの半分くらいかな。(観光客用の場所でも)

20120111 276
 ここでリターン。元来たルートを急いで帰ります。
写真はペリカン氏。イメージよりもかなり大きい><
あの口の中に赤ちゃんがはいるのかな????

20120111 291
 なんかメキシコの風景な感じしないかも(笑)サルサとかアミーゴとか陽気な音楽が流れている国のイメージとは違って穏やかな場所。このへんで写真を沢山取ってる人がいたためか、あるいはチップの集金のためか(笑)船頭さんが船を少し止めてくれて、一休み。

20120111 309
船頭さんはこんなところから動物を見つけて誘導してくれていたんです。
20120111 310
こんなちっちゃいお猿さんを見つけてくれたり。
勿論、野生なんだけど、船頭さんが言うには、この猿はなかなか見る事が出来ない、珍しいよ~~。って言ってました。

お写真は他にもまだあるけど、大体自分の興味を引いたところは載せられたかな?。

*****************************************
この1週間ばかり、部屋の片づけに忙しい感じです><
新居に無事にたどり着けたものの(笑)、生活するのに必要な知識が抜け落ちているというか・・・
ご飯を作るのに材料を買っても包丁とまな板がなかったとか(笑)
包丁とカッティングボードを買っても、三角コーナーを買い忘れ、食事の後、急いで調達しに行ったりなど(笑)
前のアパートについていたディスポーザーの便利さに改めて気づきました(笑)

Comments

    • conon's comment
    • 29 June 2012 18:17
    • こんにちわ、フードをかぶった魔女のような岩、ちょっと不気味ですね。
      見ようによっては、顔にも体全体にも見えますね。
      でも天気が良くて良かったですね。
      包丁にまな板、日本の台所にはつきものですね。(笑)
    • Hiroe's comment
    • 29 June 2012 19:47
    • Cononさん

      こんにちは!
      そうですね~、見た瞬間びっくりしました!
      やっぱり一見してフードをかぶった魔女や巡礼者のようにも見えるし・・・
      お顔ですか~、そういわれてみればそうかも。
      お天気に恵まれたのはホント良かったです!お陰さまで、色々な場所を見る事が出来ました(笑)
      包丁&まな板を買い忘れるなんて、自分でも抜けてるなあ~と思います(笑)
    • pm-3's comment
    • 29 June 2012 20:52
    • こんばんは~。
      滝が枯れているなんてある意味ラッキーでしたね。
      普段見れないフードをかぶった魔女のような岩なんか見られて^^
      おおお・・・生ペリカン!
      私は宅配便のロゴマークでしか見たことありません(笑)
      野生のペリカンなんですか?
    • タヌ子's comment
    • 30 June 2012 07:57
    • 自然が作り出す風景って面白いですね。
      フリルみたいな苔が綺麗。
      私も始めてペリカンを見た時、その大きさにびっくり。
      こんな重い嘴だと飛ぶのにも苦労しそうですよね。
      滅多に見られない猿が見られたのも普段の行いの良さが反映してるのかも。
      私も先日パリで調理をしようと思ったら、包丁がないことに気がつきました(笑)
      あるのが当たり前なものほど忘れがちですよね。
    • miriyun's comment
    • 1 July 2012 10:59
    • え~!岩の形、不思議不思議。
      かぶさってくるような形、苔なんですか。
      苔っていうと、鎌倉や京都のお寺の裏手に生えているおとなしい?苔しか知りません。
      大陸では苔まで豪快!?ですね。
    • Hiroe's comment
    • 4 July 2012 15:54
    • pm-3さん

      こんにちは!

      船頭さんは乾季は滝が枯れているって言ってました♪
      雨季は大きな滝になるそうです(*^_^*)
      フードをかぶった岩と苔については、正直言って、目が釘付けになりました(笑)

      宅急便のロゴマークってペリカン便??なつかしーい( ^ω^ )
      でもあんなに可愛い感じじゃなくて、多分羽を広げたら幅1.5メートルくらいありそうな大きさ…
      このペリカンも野生でしょうね~、普通に川から魚を取ってました
    • Hiroe's comment
    • 4 July 2012 16:13
    • タヌ子さん

      こんにちは☆
      自然も凄いけど、人の想像力も凄いのかもしれないです><
      ペリカンの嘴ってホントに大きいですよね。
      あの嘴の下側にある袋をパタパタさせるのって1分間に200回できるそうで、姿をそうぞうしたら笑っちゃいました笑
      タヌ子さんはパリですか~。良いなあ。
      美味しいパティスリーやブーランジュリーが沢山ありますね><
      あと、カツァリスの本拠地だし><いいなーいいなー。
      来年、彼が来日したら追っかけしたいです!
    • Hiroe's comment
    • 4 July 2012 16:22
    • miriyunさん


      こんにちは!
      こんなコケと岩を見たの、初めてだったので驚きましたよ~
      そういえば、船頭さんが冬はまるでクリスマスツリーのようだと言ってました。
      たしかに、人型の下の苔のフリルはツリーのように見えなくもないかも?
      この前、ポートランドへ行ったときに日本庭園を見ました
      50年かけてできた苔が敷き詰められた庭園になっていて、アメリカじゃないみたいな世界でした
      日本でもああいう所ってあまり見たことないかも・・・
      観光客は殆どアメリカ人だったのだけど、みんなBeautifulっていって写真撮りまくってました( ^ω^ )

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
自己紹介

2012年6月末より東京くらし。
テキサス州オースティンから引っ越してきました。
このブログは食事と、好きな事と、行動の記録用にしています。

医鬱排悶とタイトルに入れたとおり私の気休めの場でもあります。
悪意のあると判断した書き込みは削除させていただくことがあります。

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ